なんだ、みんな嫌がってるんだぁなんて知ってしまった。

私、自分だけがこんなに苦しいんだと、人とはネガティブな違う感覚を持っているんだと思い込んでいたんです。
でも、ネットである記事を読んでみて、あれもしかして?と思ってあちこち検索したら、なんだ私と同じように思っている人が山ほどいたー!!と、この時代に生まれたことをこんなに感謝したことないくらいほっとしました。
ネットがなかったら私はなじめない環境にもっと心を病んでいたと確信できます。

それは、スポーツ少年団という、こどものスポーツの習い事のこと。
人間関係はもちろん一切の休みがなく親がフル回転、朝から晩まで駆けずり回ってヘトヘト、当番や役員がものすごく大変で目が回りそうな日々なんです。
子どものために文句も言わずむしろ楽しんでいるかのような他の人に弱音を一切吐けず、自分だけ毎週土日が憂鬱でした。
でも、みんなそうでした。
木曜日の連絡が怖い、いっしょだ!!と声が出たほどです。
顔も見えない仲間がたくさんいると思うと少しだけ頑張れそうです。http://www.tallycope.org/sokujitu.html