今回の参議院選挙の結果に心配を憶えました。

今回の参議院選挙で与党が大抵を越え、また、憲法改定の進出派の議員回数が3分の2に達しました。
わたくしはどちらかというと簡単に法案が通って仕舞うような与党圧倒の病状よりも、
同盟政権のような大勢が話し合わなくてはならないような政権の方が良いのではと感じていましたので、
しばし、野党に頑張ってほしかったと、こういう結果はちょこっと残念に感じました。
また、憲法改定には試合が付きまとうのではないか、今よりも更に痛い世の中になるのではないかと心配に思っている近所だったので、
こういう結果に今後の日本はどうなって仕舞うんだろうと、いやに不安になりました。
なぜなら、国会では与党の施策が困難通り易くなってしまったからだ。
これでは、これまで以上に十分な審議もされない通り、法制化されてしまうのではないかと感じました。
憲法9条の改定、TPP法案、経済やり方等、どれも過ぎ行き課題で済ませて良いような用は存在していません。
できてしまったら、簡単にはなくせないのが憲法、取り決めだ。
議員の皆さんはとっくり国民のことを考えた政治ジャッジメントをしてくださるよう、願います。