冬の訪れと共に活躍し始める暖房器具について

冬の訪れと共に活躍し始めるのが暖房器具です。
小さい頃は、どこへ行ってもストーブが点いており、目の前で火が燃えているのが見えて、なんだかそれだけで楽しくなりました。
最近はストーブに代わって石油ファンヒーターが主流となり、スイッチを押すだけで、数分後には部屋が暖かくなります。

温かい空気は軽い為、部屋の上方に上がってしまい、足元は寒いままなので、コタツが重宝します。
ですが、こたつは場所をとるので、電気カーペットを使う方もいますね。
最近は床暖房を完備する家も増えています。

冬場は寝床も冷えるので、電気毛布や湯たんぽで予め布団を温めておくと気持ち良く就寝できます。
とは言え、寝る直前まで部屋を冷やしたくない私は、エアコンをタイマーで消えるようにセットしています。

昔は、一酸化炭素中毒のニュースを見かけることがありました。
不完全燃焼したストーブから有毒ガスが発生し、部屋中に充満して、呼吸中に亡くなってしまうニュースです。
私はストーブを消した時のニオイが「良い匂い」に感じることがあるのですが、そんなに危険な臭気だとは思いませんでした。
危険を知ってからは、暖房器具使用中、こまめに換気をするようになりました。脱毛 その都度払い